Content





Wolfy

小さな愛すべきライカン、Wolfy。子供の頃はその色のせいで、他のライカンたちからいじめを受けていたんだ。ところが2008年9月22日、この小さなライカンはWolfpack-Powerチームのもとへとやって来た。理由はレーベルのロゴである。自分にぴったり合っていると思ったからなんだ。

それからしばらく、WolfyはWolfpack-Powerのオフィスに住んでいた。レーベルのプログラムにある映画を見ながら、サラミソーセージやメキシコ・チリコンカーンを食べたり、デモの評価を手伝ったり。オフィスに泥棒が入らないよう見張りもしていた。おまけに会社の宣伝キャラクターとしてとても役に立っていたので、大好物の「メキシコ・チリコンカーン」を振舞われていた。今ではモデルとして、カメラの前に立つのが大好きなんだ。

Wolfyはライカンなので、半分おおかみである。つまり不都合なこともあるんだ。郵便配達の人にはあまり愛想は良くない。ノミ取りもしなきゃいけなかったし、それに…忘れちゃいけないのが、獣医さんに行くこと!「獣医さん」は、Wolfyにとって我慢ならない言葉の一つだ。

Wolfyには兄弟が二人いる。両親は目下のところアメリカに住んでいて、ライカンとして、有名なハリウッド作品に出たこともあるんだ。

Wolfpack-Power e.K.がWP Entertainmentに統合されてから、Wolfyはそちらで張り切ってマスコットキャラクターをやっているよ。

2011年、羊たちとの大戦。WolfyはYatziの決闘で羊のリーダーTobiに打ち勝った。以来、WolfyはMen in Green (MIG)のエージェントなんだ。正式にはエージェント85という名前だけど、友達は今までどおり、彼の名前で呼んでいる。エージェントX以外はね。彼は Wolfyのことを「エージェントFlauschi(フラウシー)」と呼んでいる。

2012年のクリスマスでは、Wolfyはサンタクロースの代わりとして、クリスマスパーティーを盛り上げたんだ。

知っ得情報

  • 2011年よりMIGのエージェント
  • Lykanien村を早くに出た
  • 身長1m70で、現存するライカンとしては最小
  • とても怖がりな時が多い
Wolfy
MIG Agent Wolfy